月別アーカイブ: 2014年1月

この大会での3位は当然の結果

 スキーのワールドカップの日本での試合は、先週まで2週連続で行われていた女子に続いて今週は男子で、史上最年長で先日優勝した葛西紀明に注目が集まります。

 2連戦の初戦で葛西は1本目に132.5m飛ぶも6位に留まりましたが、2回目のジャンプで129mを飛び上位の選手が失速したので逆転で3位になり、今季4回目の表彰台に立ちました。優勝はスロベニアのプレブツで、ほかの日本勢は伊東大貴が5位、清水礼留飛が15位などでした。

 葛西が3位になったことは立派なことですが、この大会は現在のワールドカップランキングの上位10人のうち出場した選手は葛西を含めてたったのは2人だけでした。上位の実力者がほとんど参加していないので、この3位は当然の結果なのです。

 葛西はオリンピックで金メダルを取りたいからここまでずっと現役を続けています。個人と団体はメダルは可能性があっても金は厳しいと思います。しかし葛西がまた復活したのであれば、混合団体の金は可能性があります。高梨と葛西以外の二人も頑張って葛西に金メダルを獲らせてあげてほしいと思います。

初期Jリーグのように

元Jリーガーが今期多数タイリーグに移籍する記事をみるようになった。
ある程度Jリーグを見ていれば、名前を知っているような選手までも移籍を決断している。

戦力外や年齢的に厳しいと判断された選手達ですが、まだまだできそうな選手ばかりです。
Jリーグと各クラブの財政面の問題もあるのでしょうが、
初期と比べると簡単に有名選手が戦力外にされている印象があります。

Jリーグも最初の頃は、有名な外国人選手が多数来日してくれて盛り上げてくれました。
他の国からの助けを得て、現在のサッカーの認識を作っていったと思います。
そう考えると今度は移籍する選手にはタイで頑張ってもらって、
サッカーのレベル上げに貢献してほしいと思います。

そしてそこで結果を出せば、またJリーグに帰ってくるという選手も出てくるかと思います。
そういうモデルケースが増えるという面ではサッカー界にとって良いことでしょう。
最近ですとまだ仮契約だったか忘れましたが、
小野伸二がオーストラリアリーグから札幌にというケースもあります。

また、日本人ではないですがフォルランがC大阪に、というニュースもみました。
Jリーグや各クラブもなんとか努力しようと力をいれている気がします。
今年はワールドカップイヤーですので、代表だけでなくJリーグも盛り上がってほしいと思います。

本田選手が本格的に始動!

本田が本格的に移籍先のACミランで全てのチーム練習をこなしたみたいですね。
あと、サポーターとの写真撮影もしたそうです。
いやー、頑張って欲しいですね。

にわかサッカーファンの私ですけど、本田選手の事は個人的には大好きなんですよね。
世間ではビッグマウスとか言われてますけど、それなりの結果を残してるし、何より言ってる事にも筋が通ってますからね。
それに、先日の入団記者会見も圧巻でしたた。英語で堂々と話してましたからね。これにはメディアも絶賛してたみたいですね。

そして記者から入団理由に聞かれた時に言った言葉がすごくカッコ良かったです。
「リトルホンダが選んだ」
というのも、小学生の卒業文集にも書いていたみたいですね、セリエAで背番号10でプレイしたいと。
有限実行とは、まさにこの事ですよね!
自分の夢を叶えるのって、すごく難しい事なんですけどね。それをやってのける本田選手は立派ですね。自分の夢が叶えられてる人が、この世の中にどれだけいるのか、、、。私も見習わないと。
何はともあれ、本田選手には頑張って貰いたいですね。私も応援したいと思います!