おすすめ投稿

カードローンがあれば安心

年末年始は本当に出費がかさみます。
ボーナスが入る時期でもあるんですが、ボーナス前はかなり赤字状態での生活です。
そんな時に役立つのがカードローンです。
返済期日は自分の都合に合わせることができて、早く返済すればするほど利息を払わないで済むのでクレジットカードのキャッシングよりも絶対良いと思います。
自分の場合はボーナスで返済することを前提に利用していて、借入期間も短期なのでかなり安い利息で助けてもらったこともあります。
あと車の車検などで出費がかさむ時期にもカードローンは重宝します。
給料日までの時間、どうしてもきつい時ってありますよね。
そんな時でもカードローンがあれば生活は守られるし、返済さえきちんとしていけば銀行のキャッシュカードよりもお得に使えますよ。
時間外手数料がとられることもないので、深夜でも借入が可能だしすぐに返せば利息もほとんどつかないです。
最近じゃ賢く使うためのハウツー情報もたくさん出回っていて、不安なく使い続けていけると思います。

おすすめ投稿

主婦でも可能なカードローン

カードローンを利用したくても、主婦は無理だろうと諦めている人は多いみたいです。
でも、どうしてもお金が必要だからと主婦でも簡単に利用できる反面、金利の高いキャッシングを利用してしまうようで・・・。
しかし、あるんですよ。
主婦でも可能なカードローン。
しかも銀行系の安心できるカードローンも可能なので、一度試してみてほしいと思います。
審査があるので収入のない専業主婦の場合は、ご主人の収入証明が必要になる場合があります。
借入限度額も低めに設定されますが、主婦にとって毎月何十万も必要なことってないはずなのでこれくらいがちょうどよいと思います。
借りすぎにも抑制がつきますし。
生活を任されている主婦ならではのお金の悩みは結構多いものです。
毎月のやりくりって本当に大変ですもんね。
カードローンを使って上手にやりくりできればいいなと思っています。

おすすめ投稿

総量規制対象外のカードローンとは

総量規制の対象外のカードローンといえば銀行の提供するカードローンがあげられます。

総量規制はあくまで貸金業者に対して決められたもので、消費者金融、クレジット会社のカードローンなどが対象になります。一方、銀行のカードローンは貸金業法の制約を受けません。

銀行のカードローンというと、人気のあるところでいえば、大手銀行やネット銀行などがあげられます。

総量規制の対象外か否かという点でみれば、銀行のローンかどうかということになるのですが、具体的な違いというと、以下の点を上げることができます。

・金利、特に上限金利が低い傾向にある。
・年収制限を受けないため、おまとめローン的な使い方が可能。
・信用度が高い。

最近では自動車ローン並みの金利のカードも増えています。銀行の融資なので、安心感もあり、また総量規制の対象でないため、年収の3分の1の借り入れを超えても借り入れが出来るところが可能なことから、金額の大きな買い物もこの銀行のカードローンを使うとしやすくなります。

もちろん、消費者金融などと同様、保証人は原則不要、担保もなく借り入れが可能で、最近では審査~融資実行までのスピードも非常に早いところも出てきており、中には即日融資が可能なところもあります。

総量規制とは?

カードローンなどの個人向け融資の業界で総量規制というと、貸金業法で定められている規制のことを指しています。年収の三分の一以上の貸し付けを貸金業者に禁じた法律で、これにより消費者金融などは既存顧客への追加融資ができなくなり、顧客側も自転車操業すらできないという状況に追い込まれています。しかし、銀行は貸金業者には分類されないため、総量規制の対象からは外れています。つまり総量規制対象外とは一般に銀行ローンのことを指しています。

ただ、やはり審査が入ることは間違いないですし、総量規制の対象かどうかという以前に借金総額がいくらあるのかは重要な審査ポイントです。計画手な借り入れを行うことが非常に重要です。

 

総量規制が導入された背景

改正貸金業法で総量規制が導入されたのは、2010年6月です。

貸金業法は2006年12月に成立したものの、貸金業者、利用者、双方への大きな影響を考慮し、段階的に導入し数年かけて完全施行となりました。

導入された背景としては、政府調査によると、国民のうち、およそ1500万人が消費者金融などの貸金業者を利用しているとういう今日の状況があげられます。

消費者金融は借り入れが容易であり便利である一方、安易な借金が増えてしまう原因となります。借り入れる時は安易なので、返済に行き詰ると、複数の会社から借り入れをして、返済に充てる人が少なくありませんでした。

また、借り入れが容易な分、金利は銀行よりも高く、複数の業者から借り入れをした場合、返済能力を超えるケースも多く出てきました。

この問題が深刻な社会問題であると認識され、国民による貸金業者の計画的な利用を促す事を目的に、総量規制が導入されました。

貸金業者からの借金総額は年収の3分の1以内に制限されました。これは、利用者の平均所得などを考慮して、返済可能な借入れ額は年収の3分の1と判断されたからです。

そしてこの3分の1の中に、銀行の借り入れや、銀行のカードローンは含まれておらず、クレジットカードの中でも、キャッシングは含まれてもショッピングは含まれないなど、消費者金融からの借金による多重債務をなくすことが目的であることが伺えます。

新潟にある「ラフォーレ原宿」が赤字により撤退

20150715171100 新潟にある「ラフォーレ原宿」が赤字により撤退するというニュースを知りました。ラフォーレ原宿と言えば若者文化を発信し続けるブランドとして、時代の最先端を走り続けてきました。そのブランド力はとても強く、流行を追いかける若者にとってはかなりの影響力があったはずです。

 ただ、そうしたブランド力はいつまでも長く続くわけではありません。とりわけラフォーレ原宿は名前の通り東京圏において強いブランドですから、東京から遠く離れた新潟ではそのブランド力が通じなくなったとしても決しておかしくはないです。

 そうでなくても今の時代は身につけるものに対してお金をあまりかけなくなっている時代で、そうした要因が競合店に押される形になってしまったのだと思います。新潟に住んでいる若者がそういう志向になったということは否定できませんし、これもまた時代の流れだと割り切るしかないです。そして、大規模な店舗でも閉店する可能性があるのだということを、改めて実感しました。

マンUのホーム最終戦は楽しかったです

あまりメディアの評価は気にせずに香川選手には頑張ってもらいたいです。若い選手が起用をされて結果を出していますが香川選手もいい選手なのでそのうち結果はついて来ると思っています。今はあまり焦らずにチームの為に頑張って欲しいです。ユナイテッドは優秀な若手選手がたくさんいるので本当に楽しみです。

スター選手になりそうな選手が何人もいるので今から注目をしておきたいなと思います。この試合でも若手選手は大活躍をしていますしメディアからの評価も高いので本当にすごいなと思います。ホームの最終戦ということでチームの士気が高かったのも良かったのだと思います。今シーズンはいまいちな結果でしたが若手選手の台頭で来シーズンからがすごく楽しみです。

ギグスが途中から試合に出たりととても見応えがありました。ファンにとっては最高のホーム最終戦だったと思います。来シーズンはまた強いユナイテッドがみたいですし香川選手の活躍も楽しみです。

元日ハム坪井 アメリカでの夢

イチロー選手と同じフォームの振り子打法として入団当時は期待され期待に応え実力・人気ともにスター選手だった坪井智哉選手。

最近の野球ファンの人は日本ハムファイターズのイメージが強いかもしれませんが私にとっては阪神タイガースの頃の若いイメージしかありません。
入団当初はかなり細く、絶対に成功しないタイプだと思っていましたが日に日に活躍しているプレーを観て感動したのを覚えています。

怪我をしてあまり名前を聞かない時期もありましたが日ハムに移籍してからはかつてのプレースタイルを取り戻し再び活躍してくれました。
イチロー選手が認める程の野球観と持ち、それを実現出来るセンスと努力、前向きな考えを持っている素晴らしい選手です。

その坪井選手が米独立リーグでプレイしているとニュースを読みビックリしました。
目指すはもちろんMLBの舞台です。

坪井選手の持ち前のセンス・努力量なら独立リーグよりもMLBの舞台の方が似合うと思うのでこれからも頑張って欲しいと思いました。