月別アーカイブ: 2013年1月

多重債務のリスク

多重債務とは、複数の消費者金融やクレジット会社からお金を借りる事を指します。
多重債務となる事のリスク、問題点は、クレジットカードは使用時に現金が手元になくても、簡単に取引が出来てしまい、借金をしているという自覚をもちづらい事があげられます。

その結果、安易にクレジットカードを使って、支払い能力を超えた買い物をしてしまう人が出てきます。複数のカードを持っている場合には、利用可能性が広がる事から、そのリスクは更に高まります。

一社あたりの借入額は少なくとも、複数の会社の利用によって、返済額が何十万になってしまう人も出てきます。

また消費者金融、クレジット会社も、業者間の競争激化から、自社の売り上げを伸ばすために、安易な与信を与える事もあり、これも多重債務問題を大きくする原因となっています。

その結果、支払い能力を超えた分について、返済をするために更に他社のクレジットカードを使ってキャッシングなどをして返済に充て、借金が雪だるま式に増大して、個人の毎月の給料では返済が難しくなることが多く見受けられます。

つまるところ、個人レベルでの解決が非常に難しくなる事がが多く、債務整理や、自己破産に追い込まれるケースが後を絶ちません。

これらの事態に陥ると、日常生活の基本的な部分、安定的な仕事の継続や円満な家庭運営にも深刻な影響が出ることは言うまでもなく、多重債務は、今日では個人の基本的な幸福を脅かす原因を作り出す大きな社会問題です。