月別アーカイブ: 2013年12月

やっぱり大根が大人気ですね

昔は寒い時期に人気なおでんでしたが、今は夏の暑い時期に冷やしおでんもあったりと、年中食べられるものに変化したように思います。
そんな人気なおでんのランキングがニュースで発表されているのを見ました。
一位は全部のエリアで大根でした。

やっぱり、一番だし汁が具に染み込むからかなぁと私は思うのですが、そう考えると二位の卵も同じような理由で、卵はおでんに拘わらずそのものが人気なこともあるかもしれませんね。
食べ方のバリエーションは人それぞれにあるみたいで、辛子を付ける、味噌をだし汁に入れる、ご飯を入れて雑炊っぽくもあるようで、地域性なのか、その家庭によるのか分かりませんが、私はどれも美味しそうに思いましたし、特にご飯はやってみたいかもと気持ちがそそられました。

おでんは作るのも材料さえ揃えれば手軽に作れますし、最近はコンビニに行けば買えるっていう便利な世の中になりました。
きっと、おでんは日本人で食べたことない人いないかもしれませんね。

中西哲生さんと原史奈さんが残念ながら離婚

 サッカー解説者の中西哲生さんと、タレントの原史奈さんが離婚というニュースです。

 私は、このニュースを知ったとき「つい最近結婚したんじゃなかったっけ?」と思ってしまいました。しかし、ニュースを読んでみると結婚7年目ということですから、決して最近ではなかったという事実に、時の流れの早さを実感しました。

 では、私がなぜそう思ったのかというと、それは原史奈さんがグラビアで活躍しているときの印象があり、原史奈さんが結婚を発表したときには衝撃がとても強かったからだと思います。これは、私だけではなく、原史奈さんを知っている男性ならば誰もがそうだったと思います。

 それでも、幸せな結婚生活をしてくれればそれで良いと思っていましたが、やはり結婚生活を末長く継続させるのは難しかったようです。

 ただ、お2人ともまだ若いですし、これからもまだまだ活躍が期待できます。確かに離婚のニュースは残念ですが、これから精力的に活動してくれることを私は願っています。

アジアサッカーの発展につながある

サッカーJ1のヴァンフォーレ甲府は、インドネシアのスーパースターFWイルファン・バフディム等、計3人のインドネシア人の選手を練習参加を発表されました。

Jはこれからのアジアサッカーの発展や新たな経営戦略として東南アジアなどに視野を広げているので、今回のインドネシアの選手が練習に参加するという事はとても大きいメリットがあります。
特にバフディム選手はインドネシアでは絶大な人気を誇るスーパースターです。

もしそのような選手がJリーグに加入したとしたら、経済効果も期待できますし東南アジアなどの選手にとってもJリーグという舞台は憧れから目標に変わりますから、アジアのレベルアップにつながります。

今季はJ2のコンサドーレ札幌がベトナムの英雄レ・コン・ビン選手を獲得し、大きな戦力となり経済効果も生みだしました。
私達サッカーファンとしても色々なアジアの良い選手を知る良い機会になりますから、ぜひとも上手くやってほしいです。