月別アーカイブ: 2013年3月

総量規制があることは有難いこと

法人や事業主の場合は、経営の都合でお金のやりくりがつかずにお金を借り入れることもあるでしょう。
これは仕方がないことだと思います。
しかし、個人の借り入れは必要に迫られてというよりは、遊び代や飲み代に使ってしまうためにお金が足りなくなってしまって、という場合が多いような気がします。
この場合は、お金に関して自己管理ができないということですから、総量規制があることは有難いことではないでしょうか。
総量規制があることで、借り入れに歯止めがかかるわけです。
もしも歯止めがなければ、こういうタイプの人は際限無くあちこちからお金を借りまくって、最終的には自己破産するような結果になります。

よくよく考えてみると、年収の3分の1って結構な金額です。
お給料の3分の1を返済しなければいけないのは、かなり大変ですよね。
借りる時には返すことを深く考えない人が多いために、総量規制ができたわけですから、
借り入れ時に消費者金融でそのことをきちんと念を押して説明すると良いと思います。

総量規制という制度を肯定的にとらえています。

貸金業法における総量規制については、以前耳にしたことがあります。個人がお金を借り入れる際の限度額が、年収の三分の一までに制限されるということです。

私は、この制度には賛成です。やはり、際限なくお金を借り入れれば、それが常態化してしまいます。すると、「また借りればいい」という甘い考えにつながりかねません。

そもそも、自分の対応できる範囲内でお金をやりくりすべきです。それができずに、他からお金を調達しているのですから、根本的な見直しが必要だと思います。

総量規制は、消費者金融などの貸金業者からの借り入れに適用されるそうです。住宅ローンや自動車ローンなどで年収の三分の一を超えていても、総量規制の対象にはなりません。しかも、銀行のカードローンや、銀行本体からの借り入れも対象外です。

また、借りている側にとって条件が有利になる場合は、総量規制の例外ケースとなります。たとえば、消費者金融会社からの借金を借り換えし、金利や返済額が低くなるケースなどです。

こうした除外や例外の措置がある以上、お金の借り入れに関して工夫する余地があるはずです。
ですから、私は総量規制という制度を肯定的にとらえています。

借りる側にも貸す側にもメリットがある法律

総量規制は最近できた法律ですが、多重債務者を防ぐために効果的な法律ではないかと思います。というのもこの法律ができる前は、借入額については借りる側と貸す側の自己責任であり、それゆえに借金返済が実質不可能な状況になるまで借り入れてしまうというケースがたくさんあったようです。

実際借金をしてその返済計画を立て、それに沿ってちゃんと返済していくというのは簡単なことではないと思います。返済計画を立てるためには数ヶ月もしくは数年単位で収入と支出の予想を立てる必要があり、煩わしい計算をしなければなりません。借入額に限界がなければ返済計画について真剣に考えずに、新たな借金をしてしまいかねません。増して年収の3割以上の借り入れになると、生活状況を圧迫してくると思います。

こうした無計画な借り入れを抑止し、実質的な返済能力の範疇で借り入れができるようにするなら、借りる側にも貸す側にもメリットがある法律ではないかと思います。