月別アーカイブ: 2013年2月

私は総量規制には賛成です。

消費者金融やクレジットカードのキャッシングは、「高い利息」が特徴だと認識しています。
私個人は、実際にそのようなところで借り入れをしたことはないので、今まで見聞きした中で、よりイメージが膨らんでいる部分もありますが、私は総量規制には賛成です。
逆に今まで、その制限がなかったことが不思議でなりません。

お金を借りる方は、何か突発的な状況で、多額のお金を借りることが多いのでしょうが、どの道それを返金していかないといけないわけです。

お金を借り入れても、その元金と利息で、その人の年収から考えても、余力もなければ、到底無理な話です。規制がなければ、A社の借金を返すために、またB社から借り入れをする、という自転車操業での苦しい状況を延々と続けなければならなくなります。
返せる見込みもないのに借り続けて、ゆく末は、破たんか自分の身を投じることに・・・と、悲しい結末も想定できます。

多重債務の防止とあるので、複数の会社からの借り入れも、情報も共有化され、やみくもに(一定条件のもとにしか?)借り入れできないようになっているのでしょう。
この規制により、借りる側も貸す側も、社会的責任をより意識できるようになることを願っています。